こそフォロ タイムライン フォローリスト ジャンル すべて 男性向け 女性向け その他一般
フォローする にしめ 心身衰弱しきったので書き物できなくなっており不在がちです 普段は@ucai_ameにいます
贅沢貧乏
だな〜と思った話をしようと思ったらこの単語って森茉莉氏の著書のタイトルであって辞書的な熟語ではないことを知りました。閑話休題。

文章褒めてもらえるのはそりゃあがんばっているのでうれしいんですけど内容に言及ないのは中身が伴ってないってことなのかもな〜それじゃ意味ないよなあ〜と思ってしまった!やっぱり上っ面だけの話になっちゃってんだろうな〜〜〜難しいな〜〜〜〜
技術ってつまり難しいことばを使ったりこれみよがしに文章の技術がありそうに見せる(自分ではそういうつもりはないですけど……そう思われてんのかなあ……書きたいこと書ききれてないって思うし……取捨選択が下手)ことではなく、すんなり内容が頭に入ってくる文章を書けているかだと思うので……結局は言いたいことをきちんと書き上げられているかが大事ですよね。
語彙の量は指標にはならないけど、語彙があったほうが掬い取れるものごとが多いので語彙は欲しいです。難しい言葉を使うこと自体は語彙があるとは違うと思っています。上手い人の文章読んでると心底思う……

また長くなってしまった。いつもすみません。畳まれることわかってるからつい書いてしまう
わかる、わかるよ……
要望みたいなものですが、応援コメントに「お大事に」とか「ちょっと休もう」的な労りの文言が欲しくなるときあります。急に涼しくなってきたので体調もメンタルも落ちやすいから気をつけてください……みなさんへ……確かにね久しく心身ボロカスで書きかけの原稿も中断し顔も出せず時々鬱屈としたことばかり口走りに来ていたんですが、先日のジャンルオンリーで突発のコピー本をそろりと頒布してきました……数百字すら書けあげられる自信もなく、周りからの励ましを素直に受け取れる自信すらなくなってしまったので引きこもり気味に取り組んでいたんですが、そのぐらいで良かったのかもしれません。
周りの評価やらに凹んだりもまああるんですが、比較的静かに好きな人たちのことについて没頭できたのでほんとうに楽しかったです。まだこのジャンルが好きだし文章に起こすにもやりがいを覚えているんだなあとしみじみ自覚してイベント行きしなの電車でひとり泣きました。書き上げた本はイチャイチャしてるだけの掌編集で中身はあおかんなんですがね……いい話っぽいのにイマイチ締まらねえがまあいいでしょう!とりあえずめちゃくちゃかわいいコピー本作れてハッピー♡です
一気にどかんと何かが良くなっていくこともないので、また体調だめにしないようにやる気60%ぐらいを維持していきたいですね。サ終してからハマったジャンルにずっといるんですが、1年後のオンリー決まってるのでまだまだずっとここにいます笑 ブクマは二桁行くと「うわ〜多いな〜〜?!」って思ってます!!ジャンル離れの波が定期的に来るのは悲しいことですが、 好きなものを好きでいるの楽しい!!の気持ちを再認識したばかりなので元気!(まだハイが抜けてない)
のんびり行こう!
自分ぐらいは(自分の作品を)面白いって言ってあげなきゃ作品がかわいそう、ってさっきまで見ていた配信で著名な劇作家の方が仰ってた。本当にそう思う。わたしもその精神は忘れずにいたい


最近はジカプの攻めが映画マッ○マックスの主人公過ぎて幻覚をずっと見ているのでそれっぽいパロで同人誌書こうとしています。真面目にプロットを練ったりしています。衛生状態と倫理観が最悪なんですがなんでこんなに萌えるんだろう……
わかりみがすごい
今日も改行へたくそ選手権でぶっちぎり優勝してる!!!!!
ここで改行かな~のタイミングで改行し全部同じような形の段落になると、版面にメリハリなくてダサいなあ~、となるのでいい感じにリズムをつけたいんだけどいい感じにで~き~な~い~な~。こういう時はとりあえず書き進めて後から考えるのがいいですね。あとA5二段組より文庫一段組のほうがまだ気を取られないような気がします。京極夏彦先生のルビ・禁則処理などについての記事がありましたけど、本当にすごすぎて参考になりませんでしたね~とても興味深かったですが。
まず一番大事なのは読める文章だと思いつつ、版面(といえばいいのかもわからないですが。余白やフォントサイズ等を含めた段組の設定だけでなく、見開きの段落の塊の配置がきれい、みたいなのないですか?)のデザインがきれいなひと、やっぱり改行とかリズム感がよかったりするのでわたしもそんなふうになりたいな~~~修行が足らんね~、という話でした。
閑話。
最近体を動かすと頭がすっきりして比較的文章はかどるなあと思ったので、毎日一万歩以上を目標に歩いてます。少し走れるようになってきました。まだしばらくは書く人でいたいのでがんばるぞ。
大丈夫......!
ちょっと自分用です

https://telegra.ph/%E3%81%B5%E3%81%98%E3%81%B5%E3%81%AD-09-11
そういうときもある!
乗っかりたい話題がありすぎて……本来のサービスの目的からは離れるのかもしれませんが、ツールとか技術的な話しも字書きの情報共有って感じがしてありかなと思っています。というかわたしが聞きたい。漢字をひらく話、やっぱり悩んでいらっしゃる方多いんだな~思えてよかったです。
要望は別にまとめます。

字書き確かに会話前提のさぎょいぷ出来なくて孤独ですよね。
キーボードカタカタ打ってるだけの作業音配信とか、無言もくり(会話前提じゃなくて、物音だけつなげてゆるっと相互監視状態にある)、結構好きです。もくりの集中タイマーが好きなので、ひとりでずっとつないでたりします。作業始めるぞのスイッチになるし、ほどほどに緊張感が生まれてよいですよ~。
余計なアプリ開かないとか、強制力が欲しいときはforestappでタイマーをかけます。スマホでテキストいじりたい都合で、オプションのホワイトリストを活用していますが。


それとテキストエディタのお話めちゃめちゃ参考になりました。わたしはいまSimplenoteというアプリでやっています。その名の通りどシンプルなUIで、余計な機能も操作もしたくない!という方向きかと。アプリ開いてテキスト開くまでツーアクション、はやい!打ったそばからクラウド保存されるけど、履歴から戻ることもできます。
スマホだと寝転がって打てるから体力ないときにいいんですよね(そしてデリートボタンに指を乗せたまま寝落ちする)


(それと私信なんですが、GRAPEVINEお好きな方いらして昨日一日大興奮してました!いいですよね…好きを通り越してもはや親的存在です。スタンスも曲もかっこよすぎてあんな風に歳を重ねたいと常々思います。歌詞!最近ますます切れ味が増してきて、意味の含ませ方とか韻の踏み方とか、圧倒的すぎてたまらないですね……ありがとうございます……!)
なるほど
形態素解析をすると「極端な傾向もないし可もなく不可もないですね、まあいいんじゃない?」って感じの総評の中にいつも「副詞が少なめ」が含まれているのが気になって、その度に副詞ってなんだっけえ~と思って調べてるんですけど、やっとわかった。オノマトペを避けようと思ってるからだ、多分。オノマトペってわりと副詞のカテゴリに入るから、そりゃあ少なめですって出るわ。少なめって結果になるのが意図としては正解なんだ。
形態素解析面白いけどグラフの谷を底上げして総合点を高めれば良いって話ではないよね、ってことですね~なるほど納得
なるほど
自分のフィードバック用のスレです。 独り言です、見てる方への配慮はしていません。ワンクッション0520
たくさんのエピソードで場面をとっちらかしてしまうんではなくて、エピソードを絞って、丁寧に描写した方がいい。ほどほどに回想を交えて過去の出来事との因果関係を見せた方が多分色々つながる。点がふたつあれば線になって線ができればこの先に勝手に伸びていく
久々に覗いたら下書き保存とか、機能増えてますね。すご~い
皆さん頑張っていらっしゃってえらいなあ。応援しています。私もちょびっとずつでもがんばるぞー
一緒に頑張ろう!
こちらのおすすめ本タグで紹介されていたルシア・ベルリン『掃除婦のための手引き書』が文庫になったと知り、ふらっと買って読んでみたら止まらなくなりました。
衝撃的に力強い表現力と豊かな感性で綴られるままならない人生……文章を通して色々な音や景色や匂いを体感してきたような読後の疲労感に浸っています。構成も良くて、掌編集の作り方についてのひとつの正解を見たような気持ちでもありました。掌編しか書けないマン(しかし短編集や掌編集の形式が好きでもある)としても読んでよかった。マイナス値から這い上がれなくなっている自尊心と根性がやっぱり書きたいよね、と言っている……。
何回でも読み返せるしまだ全然消化できていない気がするし!写経するぞ~!
ご紹介いただきありがとうございました!!講談社文庫のTwitterアカウントから収録の一編試し読みできるのでもし興味のあるかたはぜひ……!
この本欲しすぎる
文章の数値化の話題。
ぐだぐだと吐き出してます。
文字数が書ける人はうらやましいし、複数のシーンをつなぎ合わせて感情や状況の変化を綴れるのは本当に尊敬します。すごい。字数は確かに目安のひとつでしかないし、同じ場面を書ききるのにも文体やなんかによって必要充分な文字数って違うしなあ……と思うので、長けりゃえらい、でも短ければ駄作、でもない。しかし字数書けないコンプレックスがあるので、○千字/○万字しか書けなかった~、という発言にはひたすら羨ましさと尊敬の眼差しと、あと(自分はそうはなれないので)謎の肩身の狭さはありますね……他の方を否定する意図は全くありませんが……
わたしは多分場面を書ききるのに文字数を費やしがちな方ですけど、場面や説明をつなぎ合わせて物語をつくることが本当に苦手で、自分の認識としてはそういうものはひとつも書きあげたことがありません、途中とか中途半端になっている。あと多分書きたいところ書いたら満足しちゃうので長編を書く根気が足りなすぎる……
そんなわけでプライベッターに保管したSSは130件を超えたっぽいけど、文字数に置き換えたらきっとたいしたことないし、約三年でそれっぽっちの小話だけかよ……という気持ちにどうしてもなってしまうので、達成感はあるけど血肉になってはいないのかもなあ……としょんぼりすることもままあります。書きっぱなしだからおんなじような話山ほどあるし。。
紙とか装丁で遊びたいので本は出しますけど、結局全部掌編集ですし。
そんな感じでもやってます。なんの話したかったのかわかんなくなっちゃった……
応援してる!
あかぶーさんのジャンルオンリーが決まりましたーーーーーーーーーーっっっっっ!!!!!!!もう三年ほど前に畳まれたコンテンツなので(しかしまだグッズ出たりトークイベントやったり元気です!)毎度「これが最後かも……!」と思いながら出ているので次があることがもうありがたすぎる……生きる理由!!およそ半年先なので、なんとか新刊2冊は出したい!自分で締切決めるよりもモチベーションが上がる……!!もうしばらくはインプット&休憩期間にするつもりですが、まだまだがんばりたーーーい!!!!!!!と改めて思ったのでした!!!!!!!イケるっしょ!突然失礼いたしました!!おめでとう!Twitterで 「#自分の絵柄の特徴あげてもらってそれを全部封印した絵を描く」 というのが流れてきて、これ文章でやってみてえ~!!と思いました。とても練習かつ頭の体操になりそう。特徴を教えてくれる人が現れるのかはわかりませんけども……
(しかも文章、文体の特徴ってことだもんな?絵よりも指摘が難しいような気もする)
文体封印というにはお粗末なんですが、敬体で書いたことないな~と思い書いてみました。敬体にすると言葉づかいも動作や状況の分解の仕方も変わる気がして、お、おもしろい……。
内容はツリーとは関係ない話ですが、登場人物やカップリングは同じです。
1,800字ぐらい





 ぐるる、とお腹にひびく低い音は、からだの中から聞こえてくるようでした。海底に埋もれた宝物を探すように抱えたギターを鳴らし続けていた勇人くんは、あらがえない浮力に導かれるようにして、ひとつまばたきをしました。まなうらに描いていた深い闇は一転、蛍光灯がまぶしく光る、見慣れたリビングルームへと姿を変えます。渦を巻くような音の中に沈んでいたので、静けさがより際立って鼓膜を打つようでした。
 まだ心臓がどきどきしています。うずくまるようにギターを抱えてかき鳴らしていただけだというのに、勇人くんはまるでほんとうに海底に潜っていたように息が上がっていました。曲作りとは、頭だけでなく体力もすりへるものなのです。
 勇人くんは音楽がだいすきです。何時間でも音の世界にのめり込んでしまいます。でも、限界はありました。 
 はらへった、と心の中でつぶやくと、勇人くんはゆっくりと首を起こしました。がらんとした部屋のなかには誰もいません。この家のあるじ、圭吾くんの気配はずっと感じていたはずでしたが、いざ見渡すと勇人くんが背もたれにしていたソファーに文庫本がひとつ置かれているだけでした。きちんとしおりが挟まれているのは慎くんから借りた本だからかもしれませんし、長い時間席を外すつもりだったからかもしれません。勇人くんにはわかりませんでしたが、またぐるる、とおなかが鳴ったので、とりあえず食べるものを求めて立ち上がりました。
 すると、どうでしょう。ダイニングテーブルの上にはこじゃれた箱が広げられていました。ほのかにあまい香りもします。八等分に仕切られた箱のそれぞれには、薄紙に守られるようにしてきれいなかたちのチョコレートが並んでいました。
 チョコと言うと圭吾くんはおこりますが、勇人くんはおいしいのだから名前にこだわる必要はないと思っています。食べる順番だってそうです。右から二番目だけが空いている小さな区画たちの、いちばん近いところに手を伸ばしました。
 ちょうどその時です。
「あっ、こら!」
 猫の盗み食いに居合わせたような言い方で、背後から声が飛んできました。ふりかえると、グレーのスウェットに身を包んだ圭吾くんがぱたぱたとスリッパを鳴らしてかけよってきます。赤らんだほっぺたに、シャンプーのにおいがふわりと漂って、お風呂から出てきたのだとわかりました。垂れた目尻を厳しくつり上げていたのはほんのわずかな瞬間だけで、あきれたように、もしくは安心したようにふうっと息を吐き出すと、圭吾くんの表情はみるみるやわらいでいきました。
「集中してたな。腹へっただろ」
 そしてチョコの箱を手にとると、どれが食べたいのかと尋ねてきます。適当に指をさすと、「それはオレが食うから、こっちな」と、勇人くんの指がよごれるのを嫌ってか、しろくてながい指先が隣のひとつぶをつまみ上げました。 口に近づけられたのでぱかりと開くと、遠慮なくチョコレートが押し込まれました。
 今までにたくさんのつまみ食いを重ねてきた勇人くんのことです。圭吾くんのように饒舌な品評を並べられなくとも、舌の上でとろける甘さは今までに味わったことのないものだとすぐにわかりました。目をみはる勇人くんを前に、うまいだろ、と言いたげな圭吾くんの視線も満足げです。
「もうひとつ食べるか?」と言いながら戻っていく指の先に溶けたのこりがついていることをめざとく見つけた勇人くんは、圭吾くんの手首を捕まえると、ぺろり、とその指先を舐めとりました。わずかな量でも、じんわりと余韻がからだをひたしていきます。
「ぎゃっ」
「うめえ」
 思わず口にして圭吾くんの方を見ると、お風呂上がりよりも肌を真っ赤に染めて、ぽかんと固まってしまっていました。うるうると揺れる瞳に誘われて、なんとなくくちびるを寄せました。歯を磨いたばかりの圭吾くんのくちびるは、ミントのさわやかな香りがして甘くはありません。しかしどうしてか空っぽのお腹にたまっていくような心地がします。
「……そんなに腹減ってんならなんかつくるけど」
「別にいい、腹いっぱいになった。サンキュ」
「……あ、そう……あんま根詰めるなよ」
「おー」
 うわのそらで返事をする勇人くんの耳には、海底を照らす光のように音がそそぎ込んできます。まぶしくてまっすぐで、きっとうもれた宝物のことも照らしてくれるでしょう。
 勇人くんはギターを抱えてリビングルームの定位置に座りなおしました。うしろではソファーに深く沈んだ圭吾くんが文庫本をひらいたところです。夜はこれから、静かに更けていきます。
おお〜😲
意味を持たせたい情景の表現、登場人物にとってどう見えたか、という視点で掘り下げて書くと、ポジティブにもネガティブにも印象付けられるかな~と思いました。
「破って捨てた」って書き捨てるのと、「ちぎって手のひらに乗せる。ふわりと流れてきた風に乗って舞い上がるのをいつまでも見送った」みたいに書くのとでは行動としては似てるけど登場人物の思い入れは後者の方が深そうに……演出できてるはず……
素敵
ハッシュタグ検索もできるようにしてほしいです。
キーワード検索ありがたいんですが、ハッシュタグの部分は除外されてるようで、決め打ちしても出てこないのが地味に不便です……。「#字書きの練習」ほか、作業環境がらみの投稿を見るのが好きなんですよね……。、
あとはタグのサジェストがあったら便利そう。検索にも、投稿する時にも
わかる、わかるよ……
あまりにもよく知っている曲がイメソンに挙げられていると急にそのお話の解像度が上がる現象、ありますよね~!わかる、わかるよ……R18うまく書けなーいって叫んでます(描写なし)ワンクッションおめでとう!Bluetoothキーボードくんがたいそうお疲れのご様子で、1分ほど放置すると勝手に0が打ち込まれていく……無限に……とりあえず手を動かせってことなのかしら、励ましてくれてありがとうキーボードくん……早く元気になってね……
昨日書いたところが何もかもいまいちでしょんぼりしてるけどがんばるわよ……
入稿12時間前からこれになってしまい泣いてる……
語彙と表現力がすっからかんでどっかいっちまったので写経してます。
好きな二次創作や文芸作品まるごととか、一部分を手書きで写していますけど、ハッとする気付きとか使いたい語彙や表現が必ず一回の写経うちに含まれているわけでも、すぐに身に付くわけでもないんだよな~~そりゃそうじゃ、を改めて感じました。回数こなして手を動かすうちに少しずつ経験値溜めてある時ハッと気づくんだよな。
その作業は楽しいけど、単純に締め切りに間に合わないかもしれない。

しれっとタグ追加しました
それいいね!