こそフォロ タイムライン フォローリスト ジャンル すべて 男性向け 女性向け その他一般
#二次創作
高間晴19時間前いつの間にかコメント頂いていたので嬉しくなった!
コメントの通知仕事してくださいよ〜
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=11598398
a_yanochan3723時間前書ききるまで待ってたら私の性格からして一生書き終わらんと思うんで、まだここまでしか書けてないけど尻叩き的に投稿することにした。こーすれば続き絶対に書くはず…やんな、私?!💦前回からかなり間が空いたけど続き書けた…
カメの歩みでも、完結に向かって進んでることを評価したい✨💪
それにしてもエロシーンの描写はホント難しい…毎回ワンパターンな言い回ししかできない自分がいる…まじ語彙力な…
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=18431383
しののめ2日前R18の則さに。ワンクッションぐはっ😍ふたせ3日前たぶん消す部分の供養俺は今日のたった一度の舞台のため、街路で犬王の巻を連日物語っていた。一人でも多くの者に腕塚の衝撃を浴びせるため。亡霊を引き合いに出して興味を煽り、比叡座の名前を明かして期待を煽る。「見届けようぜ」と。そして本番の刻限が過ぎてからはすかさず「見たか」と煽る。「見たな」とも。あの歌を、舞を、慮外の仕掛けを、斬新な物語をまさか見逃してはいまいと煽る。
 見逃した者は焦れる。
「その者の名は何という?」
 見逃した者はそして知る。
「楽しいよ、犬王の舞台は!」
 見た者の狂喜と共にその名を掴む。価値は、ただ与えられるものより求めて手に入れたものに見出されやすい。まだ見ぬ者にすら手に入れさせる。刻み込む。犬王の名を。
 巻の弐を演るときは巷間に遍く犬王が刻まれたときだと決めた。俺から謳ってやることはまだしない。まだしないが、そのときは明らかに程近い。
ぶっかけそうめん(仮)4日前同じジャンルで別CP書いた後のぼやきとかワンクッションいや、十分すごいよ!ぶっかけそうめん(仮)7日前人それぞれの努力の形(?)ワンクッションわかる、わかるよ……a_yanochan371週間前昼の日中に二次創作BLのあんなこんなエロシーン書いてる私ってどーなん?とは思うけども、実際問題として子持ち姑持ちの家庭の主婦としては昼間しか創作機会ないし、っていうかこんなお金かからん(紙本製作してない/データ投稿のみ)インドア趣味持ってる嫁(母)(妻)ってむしろエエんちゃうの?という開き直りの気持ちも持ってる私もいる。いいねぶっかけそうめん(仮)1週間前イベントにむけて気合い入れる一人言ワンクッション頑張って!ziam▫️じあむ1週間前数の暴力の話と疑心の話と書けって話ワンクッションわかりみがすごいしののめ1週間前R18、則さに、ツリーで進捗状況報告ワンクッション神降臨!ziam▫️じあむ2週間前逆cpも好むひと、または逆cpのひとからブクマなりいいねなりされるとモヤッとする話ワンクッションお前は俺かNo.132週間前ねいゆがの話ずっとしたいワンクッションこれ好き! 好きすぎる!ゆずきまい3週間前今度の炎炎ノ消防隊紺紅新刊で書きたいシリアス調なんだけれども、需要どこ?
でも私が書きたいから書いてる!って感じ楽しい!ただ進捗あげないとやる気でなかったのであげます!
推敲とかはまだなにもしてない
断末魔が街を疾走り抜けた。喉を絞り、言葉に意味もなさない震える男の絶叫は、声量も小さくなって、糸が解けていくように最終的には、ぷつり、と途切れた。どさり、と鈍い重量感のあるものが地面に倒れる。それの中心からだくだくと液体が溢れ出ていた。石畳の上で流れた液体は、面と面だけでなく、それらの隙間を細長い管を通り抜けるように広げていく。
胴から生えた腕や足は、倒れたばかりの頃には二、三度痙攣を繰り返して、水から引き揚げられた魚のようにびたんびたんと地面を叩いては跳ねてを繰り返していたが、数分も経てばそれすらもなくなり、終には動かなくなった。
 ひとつの命の燈火が潰(つい)えた。だが、男の不運なところと言えば、男の叫び声が上がってから、聞こえるのは風を切る音だけであり、駆け付けるような乾いた下駄の足音も、警鐘を鳴らす鐘の音も、何一つがあがらずに、しぃんと静まり返っている。

男は俯瞰されている。
 男の胴体は、表側からみると心臓の位置から、一突きに貫かれていた。そうして、そこから中心に液体が溢れているのである。流れた液体は、あたりに広がる。だが、それを遮るのは黒い深靴のゴム底であった。流れが堰き止められる。だから、避けるようにして液体は形を変形させて流れていった。それから、一部の液体が溜まったところに、ぽちゃん、と落とされた小さな玉が跳ねた。
 
男は俯瞰されていた。もう一人の男によって。男を見下げるもうひとり男の右手を染めるのは赤い液体であった。まとわりついた液体は重力に従って下へと垂れていく。それから液体は玉となって滴ると、地面へと着地した。
液体とは、先ほどまで男の体内に循環していた血液だ。どうしてそれが、血液だと分かるのか、それは、男のさらに頭上から俯瞰する月の光が彼らを照らしているからだ。そして、もう一人の男の双眼は、血液と同じく鈍い紅い色だった。
ゆずきまいさんのやる気に変化が起きました!
しののめ3週間前則さに、R18になる予定ワンクッションa_yanochan373週間前安っぽい陳腐なムチャブリ設定の自覚はあるんやけど、私の脳ではこれしか思いつかないし、むしろこれが私なんでこのまま書き進めていこうと思う。
需要なくても供給し続けるで!
応援してる!
a_yanochan373週間前家族の夏休みが終わり自由時間確保できるようになったから一ヶ月前に更新した話の続き描こうと思ったけど、SFパロなもんで、各種設定につけてたそれっぽい名前が思い出せず、結局最初から読み返してノートに書き留めてたらまた午前中終わった…😭
記憶力あんのか、私?!
明日から学校給食再開するから、明日から頑張ろう…💦💦
応援してる!
a_yanochan373週間前まじで自分の書いた過去作のオチが思い出せず、1時間以上かけて読破した…💧こんなんしてるヒマあったら、書きかけのやつの続き早よ書けっつーの!オチは決まってるんやけど、そこに着地するまでの道中が手詰まり気味なんで、書く作業から逃げてるだけなんやって、自分がいちばんわかってんねん。書かへんかったら完結もせーへんことも。投稿したところで、閲覧数も評価も全然ないことも。書かなくても誰に迷惑掛けるわけでもないし、別に書かなくてもエエってことも。わかってる、わかってる、わかってる!そやけど書かなかったら、なんとなく後ろめたい気分にもなる。何なんかなー、この心理?私だけかな、こんなん考えてんの?
続き書きたいけど手詰まりで書けない…。書けないとツライ。どーせ書くんやったらやっぱりちゃんとしたものを書き上げたい。書いたら誰かに読んでほしい。読んでもらったら感想聞きたいけど、批判されたら豆腐メンタル崩壊確実やし。
人間の欲望てホント底なし沼(自戒)
待っている!いつまでも!
ziam▫️じあむ1ヶ月前また病み期到来かなワンクッション苦しいよねziam▫️じあむ1ヶ月前なんかスン……ッてスイッチが切れた話ワンクッション一緒に頑張ろう!いしころ1ヶ月前セルフRTできるタフさがほしいワンクッション苦しいよね