こそフォロ タイムライン フォローリスト ジャンル すべて 男性向け 女性向け その他一般
フォローする 山の民 ただしのない字書き。
ある黎明ジャンルに生息している。
永遠に原稿が終わらない。
顔文字や記号のあれこれを拝見して、自分はどうだろうと考えた時、私としては「作品に合っていればいい」んじゃないかなあと思いました。
小説のルールはあくまでも「そうした方が読みやすい」が前提だと思うので、絶対的なルールではないと解釈。(実際に文庫本とか出している人でも小説ルール無視な方とかいらっしゃるし)
でも、顔文字(感情表現のため)や(暗黒微笑)などは演出でないのならば地の文でやれば良くないか?と思います。描写をするのが楽しいところですし。
特に、「♡」とかは演出に分類されるので作品の内容によっては大いに多用したら楽しいなって思います。逆にお耽美メインなのに「♡」が出てくるとびっくりしちゃうけど、ドスケベを隠さない話なら「♡」がいっぱいだと景気がいいなってにっこりします。
作品の閲覧の伸び悩みとか悩めるだけ羨ましいな。
二次創作だけど、読む人いなくて誰が読むのかわからない。
それに流行りに乗らず、好きなものを書くので当然読まれない。
自分でそこまでわかっているけど、書きたいんだもの。しょうがない。
応援してる!
そもそも他者に期待をするなと言う話か。
でも極論そう言う話。
例えばここにその書きかけの小説を投稿して、誰が読むと言うんだろう。
オリジナル(一次創作)ならまだしも、二次創作で、しかももう勢いもない黎明期のジャンルの話をだ。
そんな話を誰が読みたいと言うのか。
私の感覚がおかしいのか、そうでないのか誰か教えて欲しい。
誰もお前の話なんて求めてねえよって。
別に書きたいから書くけど、何がダメ何かわからないから、教えて欲しい。
まだ成長できると思っていたい。
ゴールがないのでどこまでいけばいいのかよくわからない、小説の技量。
どうすれば満足するのかな。
わかる、わかるよ……
自分の書く文章も考える話も、一定の「上手」のラインを超えていると自負している自信過剰人間だけど、やはり小説書くのも考えるのも楽しいなあと。
どの場面にどの情報を持っていくのか、どこまで開示するのか、なにに焦点を当てて、なにをあえて隠すのか。
全て言葉でできるのが楽しくて楽しくてたまらない。
いるかどうかわからないけど読者の反応や思考を想像しながら、考えて書くには楽しい。
常にそう思いながら原稿ができたらいいなって思う。
そしてそう感じな柄かける体力と時間と集中力が欲しい。
そうかもしれない
未だに終わらないプロローグ、最近書いている箇所の進みが遅くて(と言うかなんか納得できない)なんでかなあ、って思って友人に読んでもらったら、「流れがここから悪くなっている」と言われたところがあって、それがドンピシャで書き悩んでいた部分だった。
どう流れが悪いかを聞いて、教えてもらったことで、情報の整理ができていない・出す情報の順番が相応しくないことがわかったので、修正をしなければ。
第三者に確認してもらうのって大切だなあ。
頑張って!
ここを使っている創作者の皆様は、「小説」というジャンルと手段をすごく大事にされているなあって思った。
絵も小説も練習しなきゃ良いものは書けないと知っている。その努力をどちらに向けるかだ。
小説って文章だから簡単に書けるでしょ?
そうかもしれない。でも相手が理解して想像して「読みたい」と思わせる文章は努力なしでは書けない代物だと思う。
それを忘れちゃいけないな。
小説を書いているあなたはとても努力家で、小説を書くにあたり1番大切な才能を持っている。
泣ける……
毎日頭痛で原稿どころではない。
原稿したいと常に思っているけど、体調が悪いと集中できなくて納得できる文章が書けないんだよなあ。
気持ちばかりが焦る。
わかる、わかるよ……
社会人だと仕事終わった後で原稿やる余裕も時間もないんだけど、社会人で仕事もして育児もして家事もして…みたいな方はいつ原稿やっているんだろう。
睡眠時間削っているのか?
私は寝ないと死ぬ人間だ体睡眠時間は削れない。
しかも元気じゃないと筆が進まないので、なかなか仕事終わりの原稿が難しい。
土日で頑張っているけど、集中力が2時間前後しか保たないのであまり進まないっていう。
どうしたもんかなあ。
のんびり行こう!
プロローグが終わらない。1万字近く書いているのに終わらない謎。いや、十分すごいよ!