こそフォロ タイムライン フォローリスト ジャンル すべて 男性向け 女性向け その他一般
フォローする はやま 推しと推し!えっちなことになれ!
ROM専視点から(大体お口が悪い)ワンクッションそうかも小説書くの難しすぎんか?っていううわごとワンクッションわかりみがすごい戦利品読んでたら、ある一冊があまりにも句読点が抜けてて、読みにくさがしんどすぎてそっ閉じしてしまった
句点が所々抜けてるのは多分わざとなんだろうけどめちゃくちゃ違和感あるし、読点なしでつらつら文章長くなるのはほんとにキツい
一字下げはしてるのに句点を抜いてるのはなぜなんだ…って引っかかって内容が滑ってしまうし、読点がないと文章読んでいて息継ぎができないため内容が入りにくく感じる
残念だけど多分この一冊は読まずに中古同人誌屋行きかな…自分向きではなかった
けど自分も一文長くなりがちだから気をつけよう…
わかる、わかるよ……
書きたいネタとキャラの性格が一致しねぇ
詭弁の神よこの指に宿れ
インテリマッチョしごできな年下攻、美人で性格が悪くて超有能なつよつよの受のビッグカップルが、後輩たちにデバガメされながらおせっせする話をめっちゃ書きたいけど攻は倫理感ちゃんとしてて絶対そんなことしないもん!って原作厨の自分が殴りかかってくるのでどうにか原作厨の自分を納得させる舞台作りから始めないといけない
攻は絶対受を見せつけたいタイプじゃないんだよなひっそり囲い込みたいタイプだから絶対絶対絶対絶対そんなことしないもん…でもネタとしてはクッッッッソ沸るから書きたいんだもん…っていうある意味でキャラ崩壊させる話にチャレンジしてるけどめっちゃ難しいな…ラスボスが原作厨の俺って言う…
そもそも攻、原作でもあんまり出番なくて既に死亡してるので掘り下げ所が足りないから大半が妄想なんだよな…あれもこれもそれも妄想…キャラブックに項目があることだけが救い…
つかぶっちゃけ逆カプの方が多いし、攻のこと受にしたい派の気持ちもめちゃくちゃわかるんだよな
なぜならストイックなとこがハチャメチャえっちだし、傷心の未亡人オーラあるし、苦悩しまくるし、対して受の方は特大の傷持ち未亡人だけどそれを上回ってあまりあるほど強者でスパダリハイスペックだから攻にしたいのもめちゃわかるんよ背も主要キャラのうち多分作中で一番かその次に高いしな
いやでも俺アースでは強い方が受だから!つよつよの方があえてケツ許してる方が好きなんで!つよつよだからこそ力づくでってのができなくて、つよつよの許しがあって成り立つ関係と言うものに沸るので!本当に申し訳ない!!!!
ハーッ自カプ、なに考えてても最終的に情緒がぐちゃぐちゃになるたすけてくれもっと原作で攻を啜らせてくれ頼むお願いします無理ってわかってるけど
幻覚のボルテージをアゲていかないと辛すぎて生きていけない望遠鏡はないけど見えないものを見ようとしてる
あゞ攻よ死にたまうことなかれ既に作中で散骨されたけどいまからでもいいので生き返れ校歌
待っている!いつまでも!
自分の場合、そもそもルビを振る必要がある英単語はカタカナで表記します
(例をとるとumbrella社、じゃなくてアンブレラ社)
縦書きでも横書きでも、半角の英字と全角の日本語との見た目のバランスがどうしても崩れるので極力英字は出したくないです
過去、英国を舞台にした同人誌を作る際にどうしても作中で原作に出てきた、とある英文をオチにしたかったのでわざわざ横書きにして日本語も英字と並べても極力違和感のないフォントを使ったくらいです
その英単語が物語のキーワードになるなど、話の根幹に関わるのならば話は別ですが、物語の進行上で特別な意味がないのならカナに開く方が無難かと思います
読む側の立場からだと、戻らなければ読み方がわからない(定着しない)地名人名会社組織名、なのに特に話の上では意味はなかった、というのはめちゃくちゃにダルく、結構なマイナスポイントになるからです(難読漢字や変わった読み方をさせる人物名とかもそう)

逆に、物語に関わる重大なキーワード(かつ、覚えにくい単語)であるならば、登場する感覚が長い(章を3つ4つ跨ぐとか)なら毎回そのキーワードが登場する度にルビを打つくらいにしつこくてもいいかと思います(できたら行間が崩れないようにしてもらえるとうれしい)
候補者の名前を周知しまくる選挙カー並みに教えてくれると物語への集中を切らさずに済むので…
綴りに特別な意味(ダブルミーニングとかミスディレクション)があるなら、ずっとカナ表記で出しておいて終盤でキャラクターに綴りを語らせるのもアリかと…というかこれはわたしが好きな展開なだけだな…
でも商業作品とかも英単語そのままで作中に出すのはちゃんと理由があることが多いし、その場合もさっと読める覚えやすい単語ばかりなのでその辺も気を遣っているんじゃないのかなと邪推してます
簡単な単語ならルビも毎回いらないしね…あれ結構調整めんどかったりするんだよな プロはちゃちゃっとやってるのかもしれないけど…
そんな感じで、ルビは書く側読む側どっちもコスト高いのであんまり使わない方がいいよな〜というのが個人的な意見です
あんまり参考にならなくてすみません
なるほど
わたしは小説に記号は極力入れたくない派だし、読もうと開いた小説に入ってたら9割画面閉じちゃいますね
理由をぶっちゃけてしまうと、そういう記号表現されてる方の文章って読んでてまず唸らさせるものがないし、物語自体も面白くないことの方が多いからです…時間使って読んでもカタルシスが得られないって経験を踏んでるので、じゃあ他の読みに行こうってなっちゃう 昔と違って今はアマチュアの小説って無限にあるし、推してるジャンルもいっぱいあるからそのジャンルが不作だなと思ったら読み手としたら違うジャンル、カプに流れます よっぽど好きなら自分で書くので…
個人的には、キャラがメールなどの文面に(笑)とかを使用するとか、メールチャットのシーン程度なら受け入れられるけど、地の文や単なる会話で使用されたらめちゃくちゃ萎えて次にそっ閉じですね
記号に含まれた感情を書き手の中にある言葉を尽くして出てくる表現の差異こそ作者の個性だと思うし、それが小説を読む醍醐味だと思ってます
まぁ、あくまで趣味の創作にそこまで巧拙求めたくないよ、自分が使いたい表現だから気にしないとか言われたらそらそうやなとしか返せませんが、評価を気にされるならある程度読み手の層を考えて書かれると傷つくことも減らせるのではないのでしょうか?あとはユーザーにライト層が多い場で発表する、とか…
なるほど
脱稿した〜!入稿した〜!疲れた〜!!!!!!
会場でどんな本になってるか開封するときが一番ワクワクする 誤字脱字見つかりませんように…
結局表紙はCanvaでテンプレちょっと弄って、切ったり貼ったり効果つけたりして3時間で作りました 素人でもいい感じのができるからマジありがたい
しばらくなにもしたくないけど今回間に合わなくて連作ものにしてしまったから結局はまた書いて完結させないとあかん…なんで新刊って自分が書かないと出ないんですか
うまく完結できるといいな…いつ出すかは知らんが…
今年はもうこれ以上なにも書きたくない
個人誌4冊(加えて再録改稿本1冊)、ゲスト原稿3本…今年の原稿マラソン大会はこれがぜんぶでどうにか完走しましためっちゃくちゃえらい
オフの同人活動やり始めて5年以上経つけど同じジャンルで10冊以上本出したのも初めて 我ながら意味がわからない
自分の妄想が活字で紙の本になるの毎回新鮮に感動する やめられねぇ…
今は安価で作れるからほんとありがたい
とりあえず今は積読と未視聴アニメ消費します

感想来なくてモチベきつかったら有料サービス使おうかな
承認欲求拗らせて評価欲しくて書くようになると地獄しかないけど、レベルアップしてもっと自分の小説が好きになりたくて感想が欲しいなら使わない手はないです 細かく書いてくれるから自分の文章のどこがヒットしたのかわかるのが助かる
あれ、感想以外にも講評もお願いできたりするからスキルアップにいいんだよね
校正サイトもマジで勉強になる 話の組み立て方とかも来年は勉強したいな〜推しカプが生きてる世界の解像度を上げたい…
おめでとう!
絵が描けないなら小説でも書いてろってなんですかそれ?ってびっくりしてしまった ちょっと言ってる意味わかんないです いやわかるけど
小説がイラストや漫画より下って言いたいんだ? へぇえ〜興味深いご意見をどうもありがとう
正直、そんなこと言われたら鼻で笑ってしまう
ここにいる人たちはおそらく文章が持つ力の素晴らしさを知っている そして件の発言者はその素晴らしさ、尊さを知らないからそんなこと言えちゃうんだと思う
ある程度長い文章を読むのはある程度の知識や集中力(つまり読解力)がないと難しいので優れた小説の持つ強烈な物語への吸引力や没頭力を知らないんだろう なくてもいい経験かもしれないけれど読み手としても表現者としても貧しい感性だと思う
漫画やイラストはとっつきやすくてわかりやすいけど、絵の持つ情報量以上を受け取ることは難しい つまり、登場人物がイケメンであってもそこにある画面以上の魅力はない(+アルファができる人はほんの一握り)
だけど小説は読者の概念や想像に委ね、働きかけるものだから、書き手の力量次第でいくらでも底上げができる 本当に素晴らしいツールだと思う
個人的には漫画やイラストより小説は下って意見に振り回される必要なんてひとつもないと思う
私は小説が好きだし書くのはしんどくて目指すものには全然届かないけれど字書きである自分が好き
昔より上手くなってる自信はあるし書けないことはあるけど小説を書くこと自体を手放したいとも思わない
なにもわかってない外野の野次に傷つく必要なんかない、どうせそんな奴はどんな素敵なもの書いたって読み手にゃならないしそんなやつに向けて書いてるわけでもないしね〜
激しく同意
〆切がやばすぎてどうしようって感じ
プロットなしで書いてるからライブ感がすごすぎる!続きどうなるのかわたしが一番知りたい!
とりあえず時系列に齟齬がなければヨシ!というところまで堕ちている
プロットちゃんと作って書いたことなんてほぼないけど今回はマジでひどいぜ
仕事しながら脳内で話練ってるけど今回原稿マラソンのタームが短すぎてマジでそんな余裕ない
伏線とかミスリードちゃんと回収できるのか!?やれんのか!?ってハラハラしながら書いてる
初のカプオンリー併せにしたいからもう続きは次回!にしようかな…それがいいかもしれない…残り一週間ですべて回収してエモいエンドにできる自信ない…表紙もまだ作ってないしな〜
だいたい1日あれば表紙は作れるけど実際の作業に移るまで頭の中でラフ案を出力する時間は必要だし…話と予算に合いそうな特殊紙を決めて、そこから特殊紙の特徴を活かせるデザインを考えてる時間が一番好きかもしれない…タイトルのフォントなににしようとか、字の配列とかそういうこと考えてるのめっちゃブチ上がるけど、テスト前に部屋の掃除が楽しくなってる学生時代となんも変わってないのも理解している 切実に脱稿したい
応援してる!
すぐに心の武人が暴れ出すワンクッションその通り!字書きの表紙問題めちゃわかる…デザインフルオーダーはやったことない(なぜならいつも執筆期間的に余裕がない)けど、よくやるのは支部でフリー素材使わせてもらって組み合わせて作る(普段から素材タグで巡回する)か、レディメイドの表紙素材を購入して作るのが多い あと写真素材(フリーよりもワンコイン出して有料の探した方が短時間でいいのが探せる)に字を入れて作ったり
過去にフォロワーさんが上げてた絵に触発されて書いた話を本にしたくて、頼み込んでイチから表紙描いてもらったけれど、いつも自分だけで完結するものが他人との共同作業になるので万事楽、というわけでもなかった…なので完全ビジネスのフルオーダーだと多分もっと大変な気がする…
デザインに関してちょっと興味あったからネットで調べるだけでもすぐにTips出てきてちょこっとだけだけど学べたし、その分買い手から求められるクオリティも高くなってるけど向上心とネットがあればそこそこ誤魔化しがきくいい時代になったな…と個人的には思う 書店で本の表紙見て字の入れ方参考にしたりとかもやる
5年かけてピコ部数完売とか全然あるけどそんなこと言ってたら一生本出せないし、売れなくても自分の本は自らががんばってきた証なので大事なものです
12月も出せたらいいな〜!自分も表紙、脳にすらないけど…
なるほど
やっぱり小説書くのたのし〜ッッッ!!漫画みたいに見た目の情報量じゃ勝てないけど、ミスリードとかバチクソ激重感情のモノローグ垂れ流しとかガッツリ書けて効果的になるのはやっぱり小説じゃないと難しいって思うし、漫画は1ページに何度も何度も同じ人物描かないといけないし背景やらカメラワークやら考えて描かないといけないし、そもそもツイッター始めとする無料で高クオリティのものが見れて最近は読み手の審美眼めちゃくちゃ高いから、納得させるだけのクオリティ出すのはかなり難しい!イラストでもそう!その線の一本、色遣いにどれだけ試行錯誤してきたのかと思うといいねもらえるの羨ましいとか絶対簡単に言えない…
それに比べて小説は千人、万規模の軍隊とかサクッと出せるし、多数の机と椅子で気が狂いそうになる学校の教室とかもサッと描写できて神すぎる
そもそも自分は推しと推しのネチネチした心象描写が表現したくて2次創作始めたから小説というプラットフォームが最適すぎる
セリフもなしにモノローグと風景に絡めた心象描写で狂おしい恋をしてるふたりを書いてるとき、脳内麻薬ドバドバ出てる
もっともっともっと上手くなって、読み手の脳を推しカプでこんがり焼けるようになりたい…私はもう既に炭になってるので…
その通り!
脱稿した〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!
長かった!まだまだ校正も推敲も終わってないしこれからインデザに本文貼りつけてレイアウト調整して書き直ししまくるから校了まではまだまだかかるけどとりあえず話としては完結した〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!
いつも読み上げ機能使って確認してから、お金と時間あれば有料サービス使って外部に校正お願いしてたけど、こちらで校正ソフトなる存在を教えていただいたのでそれを使ってみようと思います!ありがとう書いてくれた方!めちゃ助かる〜!!!!!!!!!!!!
とりあえず〆切には間に合いそうです!今回は依頼された原稿だったので精神的プレッシャーがすごくて誤字脱字絶対出したくなかったので本当に感謝〜!散滅せよ!誤字脱字ッ!
きっとうまくいく!
12月新刊原稿に向けて過去作手直しのリハビリワンクッション頑張って!やる気が戻ってこないワンクッション応援してる!アチいすけべへの渇望ワンクッションなるほど字書くの上手くなりたい、楽してワンクッション勝手にマラソンして勝手に疲れてる人ワンクッション応援してる!お水もらえないと枯れちゃう気持ちはめちゃくちゃあるあるでわかるけどそれでも書きたい私とあなたにワンクッション一緒に頑張ろう!印刷所さんの話だ!
初めての印刷所さんはアナログ原稿を大陽さんでお願いして、一度足抜けして数年後デジタルでの入稿デビューはスタブさん
それからはスタブさんちょ古っ都さんコミックモールさんとブロスさんをぐるぐるしてます
スタブさんはかなりしっかり不備などをチェックしてくれるので助かるしオンデマでも装丁かなり遊べるから本当に大好き!
他のところはとにかく安価だから利用しているのと、コミモさんはオンデマでも少部数でベルベット加工などができて遊べるのでお世話になってます
特殊紙も加工も多くて装丁はかなり遊べるけれどインクがテカるので小説本じゃないとちょっと厳しそう
ただしめちゃくちゃ利用が難解(ページがわかりにくい)なので何度か本を作った経験者かつ〆切に余裕ある人向けかも
他も基本的に原稿はサイズだけチェックして終わりかな?って感じでスタブさんのように手取り足取りを期待すると痛い目に遭いますね(遭った)
しっかり見直して入稿できる心の余裕がないと財布に優しい同人活動はできない…そしていくらネットでいいねやブクマをもらっても部数アンケしないと待ち受けるのは確実な死…なぜなら必ずしもいいねの数だけ買ってくれるわけではないから…マウントでも利益追求でもなくむしろ出来るだけ即死せずに継続して活動するためのアンケートなんだわ…
いつもありがとう!