こそフォロ タイムライン フォローリスト ジャンル すべて 男性向け 女性向け その他一般
フォローする あんたん (no profile)
愚痴ワンクッションわかる、わかるよ……印刷所の話!!!

私ははじめての印刷所はプリントオンさんでした!
装丁のセットがいろいろあって、なんでもいいから装丁に頼ってすてきな感じの本にしたくて!
締め切りがシビアなので、結局あれこれ凝れずにシンプルなセット使うことになっちゃったけど……。
でも、それ以降、半年先のイベントとか見越して原稿するようにして、オンさんの割引も余裕で使えるようにスケジュール組みました。
当時のジャンルは一年に一回個人主催のジャンルオンリーがあるかな?くらいの頻度だったのでなんとかなった!

他の方がかいてらしたけど、スターブックスさんは親切丁寧さで有名ですね!
不備連絡などの対応も丁寧で、連絡早いし本当に頭が上がらないです。
あそこは会員のポイント制度も面白いからおすすめです!

文字書き特化ならしまや出版さんとかもいいですよね。
オレンジ工房さんの期間限定の文庫のセットとかもかわいいです。
見れば見るほどあちこち使ってみたくなるけど、サイトのわかりやすさと丁寧さで見ると、初めてさんにはスターブックスさんがいちばんおすすめかも?

いろんなところの話を経験者の方から聞いて、自分にあったところを探して、いい印刷所に出会って、初めてさんたちがよき同人誌ライフを送れることをお祈り申し上げております!!!
わかりみがすごい
メンタルつよい判定を自分でできる人はすごいなあ。。。
自分は反応なくても萌が溢れると文章に昇華したくなるタイプで、反応なくても書いちゃうんですけど……反応がないのは……やはり辛くて……
自分の勝手で書いてるのに報われたいと思ってしまうこの矛盾にわかっているのに苦しんでしまうから、たぶんメンタルは強くない。
でも反応ないからって筆がのらなくなるかと言われればそんなことはない。だって書きたいもんが書きたいんだもの。
ので、そういう意味では強いのだろうか。
他人なんか一切かんけーねー!の精神で書けたらもっと楽しいと思うんだけどな。
どんな道も正解だから
基本的に後ろ向き他人羨み思考なんだけど


これも度が過ぎれば鬱陶しがられるのわかるから見えるところではやめたいやめたいって思うけど、漏れでてしまう、どうしても。
構ってちゃんするためにTLに垂れ流してるつもりはないけど、自分でわかってないだけで本当はそうなのかもしれない。
そういう人格だから漏れちゃうんだよごめんな……。
でも、ツイッターってひとりごとツールのはずだから、何をどう呟こうがしょせんひとりごとじゃない?
全部ひとりごと。全部妄想。全部全部!
ひとりごとほざいてんなってだけで片付けてくれ!
それを嫌悪されてもスルーされてもどうでもいいから吐き出させてほしいと思っちゃうんだよなぁ。。。
あんまり後ろ向きでぐずぐずしたの見たくないから壁打ちでやれって言われるんだけど、人のいるところでひとりごと呟きたいというか……。
なんだ、雑踏の中に言葉を落としたいというか……。
しょせん雑踏の喧騒の中に紛れて消えて行く弱いニンゲンの言葉に過ぎないんですよ……。
目障りならブロックでもミュートでもどうぞだし、SNSでまで他人に気を遣うの疲れる。
どうせ交流なんてもともと上手くできてないんだから、今さら鬱陶しがられたところでね……マイナスにさらにちょっとマイナス足したくらいなのでね……。
でもこれが今のSNSだと言われたら、そもそも向いてないのが確実に自分だということもわかるのでもうやめた方がいいのかもしれない……
わかりみがすごい
他の人もリクエストについて書かれてるけど、リクエスト送ってくるわりにはその後の反応が何もないっていうことがすごく多くて、リクエスト主まで届いたのかどうか全然わからないのですよ。
感想書きたくなるような話じゃなかったかもしれないし、刺さらなかったかもしれないけど、せめて読んだよの一言くらいは寄越してくれてもよくないかしら……と思うのは求めすぎなんでしょうか……。
書きました!したら、ありがとう!くらいはあっても……よくない!?
文字書きは単なる文章製造機ではなくて、限られた時間駆使して産み出してる人間なんだよ……。
ちょっとくらいは報われたいって思うのは浅ましいのかな……
苦しいよね
「感想がないのが感想です」っていうのは、自分も身に染みてよくわかっているので気持ちわかります……
読んだけど別にそれ以上の反応を返したくなるようなものじゃなかったかー。
よくRTするひとが私の作品についてはほぼしないのも、そっかーそうだよねー。
いいねはただのブクマだと思っているのでまあ感想ではないと思うんですよ。
読んだかどうかもわからんし。
もうこれといって読む気もおこらんかー!ごめんなー!
って虚空に向かって謝りながら、今日も虚無を噛み締めています
うるる😭
人の創作への反応って難しい。



これまで普通にほのぼのしっとり系の話書いてた人が突然エロに振り切って書き始めて、本人の書きたいものを書けばいいからそれはいいんだけども。
限られたコミュニティの中で見て見て!されると見ざるをえないけれど、あなたが「挑戦したの!」ってよろこんでるそれが私には全く萌えない種類の癖で…むしろ苦手な分野のあれこれで…読んだところで萌えないし、でもなにも言わないわけにはいかないし、白々しい感想を伝えることになってしまいましてね。
誠実ではないなと思うけど、趣味の世界で嫌な思いさせたくないし、人が楽しんでるのをわざわざ萌えないなんて暴言吐いて水を差したくないし、でもねえ。
自分が好きなものを「私は嫌い!」って目の前でされる辛さはよく知っているので人に味わわせたくないけど、ひるがえって、たかだか趣味の世界で自分はそんな気を遣わんといかんのか?というのもある。
そんなこと言いながら、きっと自分も別の場面で似たようなことたくさんしてきたんだろうなあ…っていう自戒もうまれた。
人と関わるって難しいですね😣
苦しいよね