こそフォロ タイムライン フォローリスト ジャンル すべて 男性向け 女性向け その他一般
フォローする まめこ (no profile)
通話しながら文章書ける人尊敬するな~って思う。自分は無理だけど。
書くのには思考のリソース使うのに、喋ったり聞いたりするのに割かれたらもう書けなくなっちゃうと思うんだけど、通話しながら書ける人はなんなんだ。
化け物か。
化け物かぁ……

仲間に入りたいから通話参加したいけど、通話入ると書く手がぱったり止まるから悩ましいのよね。
でも他の人たちがいっぱい交流してるの見ると羨ましくなっちゃって、勝手に疎外感を得てしまう。
でも通話入ったところでうまく喋れるスキルもないからなあ。
だったら孤独でもなんでも、一人でかいてた方がいいんだよな。
作業通話って言いながら絵描きはほとんど喋ってるから、作業にならないんだよなあ字書きは。
ちゃんと作業とお喋り時間分けてできたらいいなと思うけど、みんなはお喋りしたいわけだし。
諦めて孤独作業する(´Д⊂ヽ
わかりみがすごい
ふせったーに呟かれるすけべなりカプなりの妄想ツイにはいいねがぽんぽんつくのに、それをお話という形にしたとたんに見向きもされなくなるの何かな!?
みんな長い文章は読む力がないのかな!???
わかる、わかるよ……
初めて同人誌を出したというひとのところに、どうやらそれなりの数の感想が届いているらしい。
ご本人が嬉しそうに「ありがとうございます!」ってツイートしてるの見て、とても心があったかくなる!
自分のときもそうだったから覚えてるんだけど、初めての本に来る感想って、特別に嬉しいんですよね!
原稿中って苦しいこといっぱいあってこんな大変なこともう二度もできない(ノД`)って思うのに、なんだかんだで次の本の計画立て始めるのって、周りからの反応があるのも大きいんじゃないのかなあって。
私はそうでした。
あのとき感想伝えてくれた界隈のひとたちありがとう。
今はそのときのジャンルはまったり読み専だけど、作り手を温かく囲い込む雰囲気が大好きです!

こないだのwebオンリーイベントきっかけで作り手側になったひとなので、このまま作り手側として定着してくれるといいなあ……。
周りがあれだけ手厚く囲い込んでたらやる気は出してくれそうな気がする。
感想なかったら書かないわけではないけど、嬉しい体験の積み重ねがかき手を育てていくんだなあって。
心が温かくなった話でした!
響くわ〜