ジャンル すべて 男性向け 女性向け その他一般
Terry6/9 16:52町おこしが学生同士の戦いで行われる日本。イベント、観光誘致や助成金までが学生同士の「部活動」対決で行われる。主人公が都会の強豪校に所属していたが、味方の裏切りで敗北をしてしまい、地方の弱小学校に落ち武者転校をさせられた。人材不足、予算不足、やる気不足、実績不足の廃校寸前の学校で、主人公は復讐のために「部活動」乱世で下剋上を目指す話を書いてみようと思うんだけど。翔んで埼玉のような、くだらなおもしろそう!こういう設定好きです!読んてみたい!Terryさんのやる気に変化が起きました!以下で連載を開始しました。本日(3/16)18時からの予定です。一発目はプロローグなんで短いですが。
https://kakuyomu.jp/users/hisaiakira/works
「――無様ね」
 四月の始まり。桜が舞い散る中、おれの高校生活は幕を下ろした。

 校門をくぐる新入生たちの間を、おれは影のように静かに抜けていく。彼らは校内へ、おれは校外へ。耳を押さえたくなるような彼らの騒ぎ声も、不安が少しだけ混じった期待に満ちたまぶしい笑顔も、おれには分厚い壁を挟んだようにぼんやりとしたものだった。
 一年前に自分が同じようにこの学校に入学したはずなのに、そのときの光景は思い出せなかった。
 何もかも終わった。
 今はただ、この場所から離れてどこかに行きたかった。
 しかし、その足は数歩動かしたところで止まった。
 校門のすぐそば、陰が落ちた場所にひとりの少女がいた。
 感情のない光をたたえて、細いフレームの眼鏡の奥からおれを見つめる切れ目。氷から削りだした西洋彫刻のような整った顔立ち。正確に切りそろえられた濡れ羽色の髪がわずかに吹く風に揺られて、シワひとつない制服の肩口に影を落としている。
「――無様ね、十倉 恭二(とくら きょうじ)君」
 夜の空気のように澄んだ声が、喧噪の中でやけにはっきりと響いた。
「……」
 おれは何か言おうとして、張り付いた唇が小さく裂けて痛みを覚えた。
 少女はかすかに眉をひそめて、興味をなくしたようにおれから視線を外した。
「言い返す力もないなんてね」
 これ以上は時間の無駄とばかりに足早に、おれの横を通り過ぎる。
 引き止める理由もなく、おれはただ横目でそれを見ていた。
「だからあなたは『敗北させられたのよ』」

 ――その言葉を聞くまでは。

「……今なんて……?」
 どくんと、心臓が跳ね上がった。
 敗北させられた? おれが?
 苦みを感じる熱が、喉の奥からせり上がってくる。
「それにすら気がつけないから、あなたはここを去るのよ」
 肩越しに振り返った少女――久一凪砂(ひさいち なぎさ)は、抑揚のない口調で続けた。
「あなたの転校先、確かここと比べて学力も部活動のレベルもひどく低い学校らしいわね。あなたにはお似合いと言ったところかしら。分相応な場所で、自分自身を見つめ直してみたらいいんじゃない」
 凪砂の嘲りの言葉は、しかしおれにはほとんど聞こえていなかった。
 おれがこの学校を退学になった理由。一年生の最後の試合、最も重要な場面で文句のつけようもないほど徹底的に敗北したあの勝負。
 負けさせられた、と凪砂は言った。つまりあの敗北は仕組まれたことだったということ。
 急激に回り始めた思考に、頭がぐらぐらと揺れて目の前がちかちかと明滅した。
 おれが負けるように仕組むことができるとしたら、それは――

「さようなら、もう二度と会わないことを祈ってるわ」

 ――あのときおれの横にいた、凪砂以外にはあり得ない。
「待っ……」
 振り返って手を伸ばしたが、すでに凪砂は新入生たちの波に紛れて消えていた。最後に、かすかに笑い声だけを残して。
「……」
 空を切った手を、ぎりぎりと握り締めた。
 先ほどまで空虚だった胸には、今にも爆発しそうな怒りで満ちていた。
 このままで、終わらせない。
「凪砂。あんたを絶対に引きずり下ろしてやる」
 そのためなら、どこまで落ちても必ず這い上がってやる。

   *

 四月の終わり。明日からおれの新しい高校生活が幕を開ける。
 布団に寝転がったまま、おれに割り当てられた学生寮の天井を見上げながら呟いた。
「学校行きたくねえ……」
 ここ数日、面倒くさくてこの部屋からも出ていなかった。
「復讐とか、無理だわ」
 ずっと復讐のテンションを維持するとか疲れる。
 ぼろぼろのカーテンからこぼれる朝日から逃げるように、おれは身体を丸めて目を閉じた。 
Terryさんのやる気に変化が起きました!ブラボー! おお…ブラボー!! 〜ジョジョ・ポルナレフ〜あまりに突然のことが次々と起こり どうお答えしてよいか わかりません 〜三国志〜頼む、続きが読みたい!頼む、続きが読みたい!頼む、続きが読みたい!発想にすごく引き込まれた頼む、続きが読みたい!頼む、続きが読みたい!頼む、続きが読みたい!頼む、続きが読みたい!ありがとう、これで今日も生きていける頼む、続きが読みたい!
応援する
頼む、続きが読みたい!
この本欲しすぎる
これ好き! 好きすぎる!
ありがとう、これで今日も生きていける
発想にすごく引き込まれた
頑張って!
応援してる!
待っている!いつまでも!
わかる、わかるよ……
やっちゃいましょう!
おめでとう!
やったぜ!
いや、十分すごいよ!
やるじゃん!
ぐはっ😍
おお〜😲
うるる😭
大丈夫......!
そういうときもある!
なるほど
それいいね!
行ける気がする!
落ち着けっ!
苦しいよね
悩むよね
確かにね
その通り!
もちろん!
激しく同意
わかりみがすごい
共感する
響くわ〜
お前は俺か
そうかもしれない
大変だよね
うん、うん。
そうだね
そう思う
そうかも
いつもありがとう!
きっとうまくいく!
大丈夫!
どんな道も正解だから
負けないで!
一緒に頑張ろう!
後悔させてやろうよ!
明日はきっとよくなるよ
のんびり行こう!
人は変われる!
なるようになる!
マジ天使
天才!
エライ!
エロい!
それな
神降臨!
素敵
かわいい
きゅんとした
泣ける……
ぞくぞくした
いいね